texttexttext

【蔦屋書店 新潟万代】新潟の新しい市場「蔦屋の朝市」に参加!Vol.2

  • 2022年8月31日
  • 2022年8月31日
  • 下越
蔦屋の朝市サムネ

この記事では、28日に開催された「蔦屋の朝市」の様子やイベントを終えての関係者の想いをご紹介します!
イベントの概要を知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてください!

関連記事

今回は、28日に蔦屋書店 新潟万代にて開催される「蔦屋の朝市」についてご紹介します! 「蔦屋の朝市」イベント情報 株式会社トップカルチャーが、新潟にゆかりのある20〜30代のためのコミュニティ「Flags Niigata」プロデュースの[…]

蔦屋の朝市サムネ用

 

土砂降りの中、朝から大勢の方が集まる

蔦屋の朝市初回


朝7時から始まった「蔦屋の朝市」でしたが、開始直後から雨がシトシト。
訪れた皆さんは傘を差しながら、名店の和菓子、グルメ、雑貨などのショップを見て周られていました。

しかし、雨は次第に本降りとなり途中気温もすっかり下がってしまいます。こうなると、食べたくなるのが朝ラーメン!(笑)限定100食のだるまやラーメンには行列ができ、温かいお食事のお店は大忙し。

朝8時を迎え、朝市も後半に差し掛かると、ようやく雨もおさまってきてCHIBI UNITYのオリジナルラジオ体操、朝ヨガ、和菓子、雑貨屋さんも本来の賑わいを見せてきました。

終わってみると、初回の朝イベントにも関わらず、来場者数は300人越え!多くの方が楽しい朝を迎えられた結果となりました。

そしてイベント後は見る見るうちに雲が吹き飛ばされていき、快晴の秋空が広がっていました(笑)

 

晴天

 

 

「蔦屋の朝市」は今後、定期開催なるのか

初回から天候などの悪条件の中、大盛況に終えられた「蔦屋の朝市」ですが、気になるのは今後も定期開催イベントとなるのかというところ。

株式会社トップカルチャーと共に、今回のイベントを運営したFlags Niigataの齋藤さんは、「大雨だったにも関わらずたくさんの地元の方々に来ていただき、朝市の需要を感じました。今後はさらに朝市文化を広げていきたい」と話しています。

次回はさらにどんな朝市となるのでしょうか。今から楽しみが止まりません。

 

 

「蔦屋の朝市」参加してみて

蔦屋の朝市北精園ブース


さて、今回出店者としてイベントに参加した私ですが、この場を借りて改めて来店者様に御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

今回、北精園茶舗として初めてイベントに出店させていただき、なんの要領もわからないなか準備を進めて参りました。

テーブルに敷く布はどうする?いつどっち(私と姉)が買いに行く?試飲用のお茶はどのくらい作る?値札やポップはどうやって作る?
毎日仕事終わりに LINEで話し合い、直前はもう文化祭前夜の高校生のよう(笑)

そうして迎えた当日、あいにくの雨のなかテントで開店準備を進めている時に、私は内心思っていたのですよ「今日ってお客さん来るのかな」と。だって朝のまだ眠たい2時間、しかも目覚めた頃には結構な雨の降り具合、私だったら、、、と。
ずーっと暇な2時間を過ごすことだって覚悟していました。

 

しかし、いざ始まってみたら、まさかの来場者数!しかも北精園にいらしてくれた方々は、「北精園のInstagramを見て来ました!」「試飲で飲んだお茶がとても美味しかった!」と、嬉しい言葉を次々とかけてくださいました。そして中には、わざわざ村上から駆けつけてくれた友人も!

たった2時間のうちに、いろんな方と出会えてたくさんの学びがありました。

 

「蔦屋の朝市」に参加してみた私の感想は、「出店側として参加することってこんなに面白いのか!」の一言に尽きます(笑)

終わった直後の「あ〜楽しかった!」とはまた少し違って、今回の反省点や良かった点を振り返り「次回はこうしてみようかな」とまた頭の中で構想を練っているうちに、来場者としてイベントを訪れるのとはまた違った“面白さ”を感じています。

ということで、今後もイベントに限らず北精園と私の挑戦はまだまだ続きます!!


北精園中村姉妹

 

***
niigatabaseでは、新潟で挑戦する人のキャリアや取り組みについてご紹介しています。
新潟にイノベーションを起こすベンチャー企業で働く方々、新潟で頑張る若手起業家、後継経営者など多数公開中!
ぜひ、いろんな方の話を読んで自分探しのヒントにしてみてください。
関連記事

いま、新潟に進出するベンチャー企業増えてます! 新潟県民の皆さん、近年首都圏から新潟県内に進出するベンチャー企業が増えていることをご存知でしょうか。 私自身も、東京から新潟に進出したベンチャー企業で働く人間の1人ですが、この仕事にたどり[…]

ベンチャー企業特集サムネイル
関連記事

起業率低い新潟、だからチャンス! 既にご存知な人も多いかもしれませんが、新潟県の開業(起業)率は全国的にみても、最下位に近い低さです。 その原因と考えられているのは、廃業率の低さ、起業志望者の県外流出など。 廃業率が低いことは良い[…]

新潟×起業家サムネイル
   
(♡いいね!)
読み込み中...
NO IMAGE

What's ”niigata base”?

新潟で自分らしさ、新潟らしさを追求する生き方や働き方を発信し、新潟の人と地域の可能性を伝える地元に根ざしたメディアです。
shabellアプリは、 なりたい職業や選択したい生き方への不安や悩みを、既にその道を歩んでいるプロフェッショナル人材に直接相談することができる、夢とライフスタイルを応援するアプリです。 自分にとって大事なことが誰かの生き方のヒントになる。自分らしさを模索するすべての人の背中を押す、そんなメディアを目指しています。

CTR IMG