texttexttext
ayaka
AUTHOR

ayaka

自然が大好きな新潟在住のライター。北限の茶処・村上市にあるお茶屋さん「北精園」のプロデュースもしているアラサーのシングルマザーです★ 8年間の教員生活を経てWebメディアの世界へ。「無意識の言語化をお手伝いし、そこにある輝きと想いを届けること」がモットー!

  • 2022年11月22日

新潟イタリアンの名店【LA CUCINA LIBERA】を作り上げた古関悠さんから「決断する力」のヒントを探る

「LA CUCINA LIBERA(ラ クチーナ リベラ)自由なキッチン」は新潟駅南口から徒歩で約10分ほどの場所にある。イタリアンバルのような、街に溶け込んでいて居心地のよいお店。『ミシュランガイド新潟2020 特別版』では、新潟市エリアの“ビブグ […]

  • 2022年11月15日

独立就農を全面支援!牛田光則さんの「農業研修体験談」

以前、当メディアで紹介した上越市で「うしだ屋」を営む牛田光則さん。 牛田さんはたまたま縁があって、妙高市のホテル支配人から上越市の農業研修を経験することになりました。そこで、師匠である天明(てんみょう)さんと出会い、一気に農家への道を進むことになりま […]

  • 2022年11月11日

“わたご酒店の嫁ナナコ”として自己実現を果たす寺田菜々子さんの「日常の幸せ」

以前、新潟亀田わたご酒店の店主、寺田和広さんを取材させて頂きその想いに強い共感を抱きました。 今回は第1弾から少し間が空いてしまいましたが、わたご酒店第2弾ということで、寺田和広さんの奥様寺田菜々子さんに取材をさせて頂きました。 寺田夫婦の知られざる […]

  • 2022年10月25日

理想の働き方を手に入れた。新潟拠点リモートワーカーに、あれこれ聞いてみた!

今回は、新潟で自分らしい自由な働き方を広げていきたいと活動する、「かっしーさん」こと鹿嶋功貴さんが主催するトークイベントに参加してきました。 ゲストは当メディアでも以前取材させていただいた江口綾さんと、WEBデザイナーの野口ひかるさん。 フルリモート […]

  • 2022年10月12日

子連れ地方移住はシングルマザーにこそおすすめ!?自治体の支援策とともに魅力を紹介!

2020年12月の年の暮れ。新潟県は“爆弾低気圧”の大豪雪被害に苛まれていました。 約2年前の私は、豪雪による被害をギリギリ回避して、滑り込むように故郷の新潟に子連れ移住。 当時の私は、約8年間勤めた会社を辞め、新しい就職先も決まらぬままに「きっと何 […]

  • 2022年10月4日

「キツい」だけじゃない。庭園を継承する庭師の魅力とは

今、「庭師」とネット検索すると続いて出てくるワードは「仕事 辛い」や「年収 低い」などであり、庭師は一般的に「キツい職業」と認知されているようです。 今回はこの記事で、庭師のキツさを否定するつもりはありません。 しかし、そのキツさの奥にある魅力を皆さ […]

  • 2022年9月30日

スマホから離れて気づいたメリット!私なりのデジタルデトックス体験談

デジタルデジタルデジタル…。 最近は飲食店などでも子どもがスマホやタブレットで動画を見ていたり、ゲームをしているのを見かけます。そんな光景を見るたびに、時代は変わっていくなあ、私も着々と歳を重ねているなあと感じてしまいます(笑) スマホやパソコンの普 […]

  • 2022年9月22日

祖先たちが繫いできた小清水で、ここだけの大きな出会いを創る。矢島衛さんの新たな挑戦とは

「出会いって希望。出会いがあれば、そこから何かが生まれる」 そう話してくれたのは、東京で生まれ育ち柏崎市小清水(こしみず)集落にIターンした、矢島衛さん(写真左)。 矢島さんが移住したのは、2007年。大学で専攻していた民俗学の卒論研究の一環で訪れた […]

  • 2022年9月16日

庭は人の心を豊かにする。庭師、室橋拓弥さんの仕事に対する想いとは

庭を眺めていると、心が安らいで心身ともに癒されますよね。 カリカリしていたり、心に余裕がない時って、身近にある樹木をわざわざ見ようと意識なんてしませんし、目に入ってもなんとも思わないことがほとんどです。 しかし、疲れて帰った自宅に自分の思い入れのある […]

NO IMAGE

What's ”niigata base”?

新潟で自分らしさ、新潟らしさを追求する生き方や働き方を発信し、新潟の人と地域の可能性を伝える地元に根ざしたメディアです。
shabellアプリは、 なりたい職業や選択したい生き方への不安や悩みを、既にその道を歩んでいるプロフェッショナル人材に直接相談することができる、夢とライフスタイルを応援するアプリです。 自分にとって大事なことが誰かの生き方のヒントになる。自分らしさを模索するすべての人の背中を押す、そんなメディアを目指しています。

CTR IMG